上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.28 FinePixF30
免許更新行ってきました
いつもはだるくてしょうがないんだけど、今回は違う!

遂にブロンズセイントからゴールドセイントに!!!

今まで、駐車禁止、スピード違反、一時不停止、進行方向無視と色々やってきたけど
コレで遂に綺麗な体に!!!



(*´д`*)ハァハァ


では、予告通りF30の感想を・・・
F30を選んだ理由

①前作F11が室内撮りで非常に好評
デジカメを利用する場所は人によってそれぞれだと思うけど私の場合は大体が室内。
だから室内撮りに強いって点にはこだわりました。

室外では夜でも無い限り光量十分なので基本的にいい絵が撮れるんだけど、
室内は光量不足でフラッシュ無しだとブレや暗い絵になっちゃう
かといってフラッシュつけると露光オーバーだったり色が不自然になっちゃう
こんな状況って結構あると思うんだけど、この点にF11が優れていたんですよ
なので後継機種のF30に飛びついたワケです

②手ブレ補正機構に頼らず感度(ISO)でブレを防止している
最近のデジカメは手ブレ補正機構搭載モデルがかなり多いです
これは一見そそられる機能ですが、一つ大きな落とし穴が。

自分のブレは押さえられるけど、被写体のブレ(動き)は押さえられない

要はブレない写真が必ず撮れるワケじゃ無いんです
この辺は店頭でさわってみれば分かります
安い手ブレ搭載には注意ですよw
無論、各社上位機種はそんな事は無いけどねw

じゃあF30はどうなのか?ですが、「感度」を上げる事でブレを押さえています
写真はシャッターを開いて光(絵)を取り込み、閉じる。
この開いている時間にいかに多くの光(情報)を取り込むか?になります
開いている時間が長ければ綺麗な絵が撮れるけど手持ちじゃまずブレます。
感度を上げるというのはこの取り込む情報量を上げる(増感)って事。
シャッターを閉じるスピードが速ければ早いほどブレが少なくなりますが
その分取り込める光が少なくなるので暗くなるけど、感度を上げることでそれを補う
こんな所でしょうか。

あんまりうんちくたれるとボロが出るんで止めておきますが、
まぁ実際に使ってみると暗い部屋でもかなりいい絵が撮れます
いかに一例を・・・

   F30↓


   T1↓


いずれも最高画質→640x480にリサイズ
室内灯無し、フラッシュ有りの条件です
色合いが全然違うのが分かりますかね?
もちろんF30の方が自然に近い(というかそのままに見える)

画素数はF30が600万、T1が500万ですが、今の時代、画素数は頭打ちなのであまり参考になりません。ぶっちゃけL判サイズの写真であれば600万以降意味があまり無いです。

ちなみに被写体は息子(2歳♂)w
初公開ですね。以後お見知りおきを(ぇ

③手頃な大きさ
今まで使ってたT1はコンデジ(コンパクトデジカメ)の中では小さい&薄く、
見た目、携帯性には非常に優れているんだけど、写真が撮りにくいw

女性には良いのかもしれないけど、ホールド感が無いので手が大きいと結構厳しいんだよね
3000枚以上撮ったけど結局四隅を指で持って撮ってた(あんまり安定しない)
だから持ちやすさにもチョットだけ気をつかったんですよ

正直F30はポケットに入れるにはチョット大きいです
ただやっぱり持ちやすいのは重要だよ!


他には高感度2枚撮りなんて機能もあります
これは一度の撮影でフラッシュ有りとフラッシュ無しが撮れちゃう機能
フラッシュつけるかつけないべきか悩む状況ではかなり便利かもw


フラッシュといえば他の機種もそうなのかもしれないけど発光量を自動で調整してくれる
前のヤツは何でもかんでもバシャっと光ってたけど、F30は状況によって変わってる
コレはスゴイと思ったな


まだ100枚も撮って無いけど、イイ買い物だったと大満足ですヽ(´ー`)ノ

Secret

TrackBackURL
→http://cliony.blog68.fc2.com/tb.php/221-b9883ad5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。