上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.02.17 Evernote
PC
Evernoteを使い始めて1ヶ月位経ちました。
その使用感等を書いてみます。
他の人がまとめたページ一杯あるので↓みて興味がわいたらそちらもどうぞ。

Evernote logo

■Evernoteって何?
Evernoteは自分だけのデータベース、人によっては外部脳とまで言う人もいます。
大量のMyデータを一カ所(ネット上)に集約させて、強力な検索力で必要なときにデータを引き出す感じでしょうか。

■検索が凄い?
通常のテキストだけでなく、PDF内部の文章、手書きノートの写真やスキャンした手書き文章も検索してくれるんですよ。
↓は携帯(SO905ics)で撮った写真をメールでevernoteに送った物です。
mrsa.jpg
試しに"CA-MRSA"で検索かけると↑の様にきちんと認識してくれます。
(evernoteが該当部分をこのように黄色でハイライトしてくれるんです)

■で、何に使うの?
俺が注目したのはPDFの検索(※有料会員のみ?)。
仕事柄論文を大量に読むんですが、PDFで持っててもアレ何処行ったかなぁ?となってしまうので、必要な文献探すために、印刷したものをファイリングしておいてパラパラめくって探すという作業が発生してました。

これを解消する事がEvernote導入のきっかけです。
やり方は簡単。

1)論文のPDFを片っ端からEvernoteへ放り込む。
2)タグを付ける(検索が強力なので別にやらなくてもイイ)
3)欲しいときにキーワードで検索

ここで登場するのがFUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
有料の論文は会社で注文して紙ベースで手に入るんだけど、これをScansnapでPDF化してしまいます。
もちろんスキャンでPDF化したファイルでもちゃんと検索できます。
論文用の15cmのファイル5冊がもうじき消えそうw

■論文ばっかではありませんよ?
上で書いたのはあくまで一例。PDF検索だけなら他にも手段はあります。
やっぱりEvernoteのメリットはデータを集約させることだと思う。
検索が1カ所で良いんですよ。
欲しいデータがあっちのPCとかあのUSBメモリとかあのMOだとかなんてことが無くなります。

他にもWebクリップやメモ、写真等々もガンガン放り込んでます。

Webクリップはブラウザの機能拡張で対応出来ます。
clip.jpg

ここは使えると思った箇所を選択して、Evernoteへ
それすらめんどくさかったら前ページ丸ごとクリップしておいて、後でいらないところは削る等の編集。
はてブで良いじゃんと言われるかも知れないけど、はてブの場合ページが消えちゃったらおしまいなんだよね。

写真は上述の通り、学会でポスター等を携帯で写真撮って(OKな場合)メールでEvernoteへ送信
すぐに使うのであればDropboxでも良いんだけど、写真中の文章も検索出来るので後々便利。

冒頭に書いた通り、Evernoteはデータベースなのでデータ数が多ければ多い程、便利になるものだと思ってます。
忘れっぽい人でも思いついたときにとりあえずEvernoteに記憶させておけば後で思い出せなくても、検索で引き出せる。

月40MBのアップロード制限はありますが、それさえ守れば上限なしの無制限
モチロン無料です。

ちなみに有料会員になると月500MBまでOK。
俺は論文の数が半端じゃないので40MBじゃ全然足りないので速攻課金したw

ブラウザの機能拡張、Win, Mac用クライアント、iPhoneアプリ、メールとどこからでもデータベースにアクセスできるので、本当に便利。
しばらく使わないと凄さが分からないかもしれないけど、使い方は色々なので是非!

今考えてるのは名刺をScansnapで取り込んでEvernoteに放り込んでおこうかなと考えてる。
枚数が増えてきて探すのが大変になりつつあるので・・・
検索すりゃ一発だしね。
もう使わなくなった紙ベースの資料なんかも入れちゃいたいなぁ

両面Scanできる、フィーダー付、結構早いので職場にお一ついかが?


俺は課長にお願いして買ってもらいましたw
(Evernote使うからとは言ってませんがw)
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。