上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010.12.28 レイヤリング
日曜日に初滑りに行ってきた!

DSC00091.jpg

ご覧の通りパウダーまではいかないけど柔らかい良い雪を堪能できた。
予定とは違うスキー場となったけど、初滑りとしては十分だ。

今シーズンからウェアを更新したけど、アンダーウェア含む全部換えた。
そのデビュー戦となったワケだけど、凄く良い感じだった。

去年まではヒートテックやら普段着のTシャツにトレーナーを着て、
一番外にスノボウェア(古くて防水いまいち)って感じだった。

滑り始めは良いんだけど、お昼休憩時には外からの浸水と汗で全体的に湿った感じになってた。
外からの浸水はしょうがないとしても汗は休憩後冷たくなっちゃって不快。
でもまぁ我慢してやり過ごしてたわけだw

最近登山関係のHPや雑誌を読んでるんだけど、ウェアがとにかくいろんな種類があって凄い。
登山の場合、下手すると命に関わるのでウェアの重要度が高いみたい。

調べてみると基本は重ね着(レイヤリング)で対応。
インナーは吸汗速乾、ミッドで保温(速乾)、アウターは防水(防風)透湿。

汗が肌と接触してると体温が奪われちゃうのでとにかく汗を外に外に。
綿製品は厳禁。汗を吸うのは良いんだけど乾きが悪すぎる。

で、それを参考に今シーズンは↓な感じにしてみた。

インナー
(上)アンダーアーマー:UAメタルコールドギアコンプレッションロングスリーブ1/4ジップ
(下)ワコール:CW-X スタビライクスモデル

ミッド
(上)モンベル:クリマプラス100 ジャケット
クリマエアがよかったんだけど高い・・・

アウター
(上下)


っというレイヤリングで2時間半ぶっ通しで滑りまくった。
当然汗かいてるんだけど、汗かいてるのか分からないくらいサラサラw

アミノ酸補給&トイレで1回休んだけど寒くないし、リフト乗ってる間も寒くない。
暑すぎでもなくホント快適!
しかも、汗で濡れ濡れじゃないので帰りも着替えずそのまま帰って問題なしっていうか帰った。

下のインナーに着たCW-Xはサポートタイツで膝とかへの負担を減らす機能がついてる
簡単に言えば着るテーピングみたいな感じかな。

そのせいなのか、日頃からチャリ、ジョグで鍛えたからなのかは不明だけど下半身に筋肉痛は無し
いやぁ、技術の進歩は凄いね!

唯一の欠点は値段がアホみたいに高いwww

でも費用対効果は確実に得られたので大満足
雪山登山のレイヤリングが凄く参考になるので興味ある人は調べると楽しいよw
フリースはユニクロでも良いのでとにかくインナーを良いヤツにすると幸せになれると思う!

あと唯一寒いのはだけだな・・・

Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。